忍者ブログ

【音楽について人生について】 ~私の心が唯一裸になれる場所に~
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/18 t-frog]
[01/09 JAZZ MAMA]
[01/06 Azumi]
[08/25 JAZZ]
[08/25 Azumi]
[08/08 JAZZ]
[07/30 t-frog]
[07/16 Azumi]
[06/18 JAZZMAMA]
[06/18 Azumi]

08.21.00:31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/21/00:31

03.22.14:10

ローザ・パークス氏

                          

   コラムより~

   人権運動に関する事に詳しい方はよく聞く名前であろう。
   今日はローザさんについてのコラムを発見したので紹介します。

   『ノーと言える勇気』といえば、バスの中でも、何処へ行っても、
   黒人は奴隷扱いされた時期。
   その環境を、変えようと立ち上がった人達が居た。

   当時は、気が遠くなるほど難しい事であっただろう。

   ローザ・パークスさんとマーチン・キング・ルーサー。
   そしてマンデラ氏。


   アメリカの公民権運動というと、ローザ・パークスさんが、
   よく知られている。
   1955年12月
   バスで白人に席を譲らず座り続けたパークスさんの勇気が、
   歴史を変えた。

   パークスさん自身の逮捕が示すように、事態は簡単には進まなかった。
   白人からの暴力的な報復が相次いだ。
   「一番人気のスポーツは黒人へのリンチ」と、
   公然と言われる悲惨な状態となった。

   その時、再び「座り続ける」人々が現れた。
   パークスさんの行動から5年後、ノース・カロライナ大学の
   アフリカ系学生4人が、レストランの白人専用席に。
   出て行けと迫る群衆にもかかわらず、座り続けた。
   次の日には21人。その次の日には65人。
   翌日には、地元の白人学生たちも参加を始めた。

   パークスさんのともした火は、
   時と場所を隔てて受け継がれ、
   燎原の火のごとく燃え広がった。

   一昨年、逝去したパークスさんの追悼コンサートには、
   世界的なロック・グループ、U2が出演。
   「自由と平等を目指す旅はまだまだ続く、さあ旅を続けよう」
   と歌い上げた。

   ■ローザ・パークス氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

   ■マーチン氏
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/2431/mlk.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/2001.htm

   ■マンデラ氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A9

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
<<< PREV  → HOME ←   NEXT >>>