忍者ブログ

【音楽について人生について】 ~私の心が唯一裸になれる場所に~
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/18 t-frog]
[01/09 JAZZ MAMA]
[01/06 Azumi]
[08/25 JAZZ]
[08/25 Azumi]
[08/08 JAZZ]
[07/30 t-frog]
[07/16 Azumi]
[06/18 JAZZMAMA]
[06/18 Azumi]

08.21.00:35

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/21/00:35

06.20.00:12

夕方の缶BEER & The very thought of you ..

                                                                          ee


     お久しぶりです
    しばらく休憩でもとって(文字がどうしても求刑←と出るのはなぜ?(笑)
    本腰いれて3年まえから計画していた事に取り掛かろうとしていたら
    舞い込んできたのは歌仕事!

    こんな事を繰り返すのも何度目か?
    休む暇ないぞ!!自分で目指したものに突き進め!!とでも言わんばかりに・・

    きっと今求刑←まただ。。もとい!
    きっと今休憩すると、きっとすぐ近くに今ある幸せで
               人生を歩むのかもしれないから?

    神様が
    『お前あれだけこの俺様に誓ったじゃねぇか!!』
    と言ってるにも聞こえる。
    
     だから頑張るよ・・

    7月にOrchestoraで歌う。

    無理に覚えるのではなく、今ゆったり(でもないが・・)生活の中で
    ふと気付いたら、いつも口ずさんでいる
      『 The very thought of you 』。。。。

    優雅なOrchestoraのバックにvery slow で歌う『 DianeSchuur 』の曲に
    仕事帰りにローソンで買ったBEERとバス停近くの待合席での風景
   (おっさんやん!!)

    ほろ酔いでバスに乗り、あまりにも曲に酔いしれ、ホロリと涙。。
   (君は変だ!)

    『 The very thought of you 』。。。。

     
      君のことを思うと僕は忘れてしまう、
      日常的な小さなことなんかを……
   
      それはだれもがしなければならないことなのに
      僕は夢のなかで生きていて、まるで王様のように幸せで、
  
      それは愚かに思えるだろうけど、僕にとっては君がすべてだ
      ほんの少しの君のイメージ、君への憧れ
  
      君がそばにいないとどんなに時がたつのが遅いかを、
      君は知ることもないだろう
      僕にはどの花にも君の顔が見えて、どの星にも君の瞳が見える
      これは君への想い、君への愛、それだけなんだ

   ________きっと曲がずっと頭と心に残っていたんでしょうね____
       だから歌詞を見るのは初めて・・・・・

     今の私はこの曲に・・・♪(The very thought of you の曲で)
    ♪・・旅~に疲れてぇ~ 腰も痛くてぇ~♪って感じなんだけどね!!
           いや・・失礼・・・・・!!

    ____久々なんで今からAzuさんとこ行ってきます~素敵な曲に出会えるかな

       ________________JAZZ MAMA____________________

PR