忍者ブログ

【音楽について人生について】 ~私の心が唯一裸になれる場所に~
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/18 t-frog]
[01/09 JAZZ MAMA]
[01/06 Azumi]
[08/25 JAZZ]
[08/25 Azumi]
[08/08 JAZZ]
[07/30 t-frog]
[07/16 Azumi]
[06/18 JAZZMAMA]
[06/18 Azumi]

08.21.00:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/21/00:34

04.18.01:04

peace

              yuu

   昨夜TVタックルで後半、中日問題の事を討論していた。
   興味深い話で初めて知った事もあった。

   色々知って、音楽の深さや素晴らしさが余計に感じる。

   昔アメリカ国歌を歌っている人をみて憧れた。
   あ~なんて気持ちよさそうなんだろう。
   いつかああやって思いっきり歌ってみたい!

   『Oh~Sey can you see~』

   ホイットニーが歌ってる
   
   http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/usa.htm

                 

                     3.
                     戦争による破壊と混乱を
                     自慢げに断言した奴等は何処へ
                     家も国もこれ以上我々を見捨てはしない
                     彼等の邪悪な足跡は
                     彼等自らの血で贖(あがな)われたのだ

                     敗走の恐怖と死の闇の前では
                     どんな慰めも傭兵や奴隷達の救いたりえず
                     勝利の歓喜の中、星条旗は翻る
                     自由の地 勇者の故郷の上に!

                     4.
                     愛する者を戦争の荒廃から
                     絶えず守り続ける国民であれ
                     天に救われた土地が
                     勝利と平和で祝福されんことを願わん
                     国家を創造し守り賜(たも)うた力を讃えよ

                     肝に銘せよ 我々の大義とモットーは
                    「我等の信頼は神の中に有る」ということを
                     勝利の歓喜の中、星条旗は翻る
                     自由の地 勇者の故郷の上に!

   【1812年に始まった米英戦争で、詩人・弁護士の
    フランシス・スコット・キーは1814年(当時35歳)、
    英国艦隊による激しい夜間砲撃を耐え抜いた星条旗を目にる。

    彼はこの体験を元に「マクヘンリー砦の防衛」という詩を書き上げた。
    この彼の詩が、当時人気のあった酒飲み歌

    「天国のアナクレオンへ(To Anacreon in Heaven)」

    のメロディーにあてられ、
    1931年3月3日にアメリカ合衆国の国歌に正式に採用された。】
   __________________________________
  

    3番4番の歌詞は皆同じ平和を願っているのが伝わる。

    今改めて聞くと(見ると)なんかとても複雑。。涙が出てくる。
    若いときの気持ちは一切なく、なんか悲しく響く。

    早く本当の意味の平和が訪れればいいな。。

    あ~又こんな話題。。。。

    次回更新にはCD屋でも行って楽しい音楽の話だべ~

    おやすみ


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
<<< PREV  → HOME ←   NEXT >>>