忍者ブログ

【音楽について人生について】 ~私の心が唯一裸になれる場所に~
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/18 t-frog]
[01/09 JAZZ MAMA]
[01/06 Azumi]
[08/25 JAZZ]
[08/25 Azumi]
[08/08 JAZZ]
[07/30 t-frog]
[07/16 Azumi]
[06/18 JAZZMAMA]
[06/18 Azumi]

11.20.10:46

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/20/10:46

05.06.01:10

Wuthering Heights 2

                                                    untitled
                       『Wuthering Heights』_

     見つけました!懐かしい!

     あの『ケイト・ブッシュ』の『 Wuthering Heights 』のRock バージョン!!
     『ANGRA』ってバンドなんですね!

     偶然、以前貼り付けたジャケットの画像のアーティスト名であってました。

     久々に聞いて、涙が。。。うううう(笑)(ホント)
     嬉しいので、なぁんかあんまり変化のない更新ですが
     載せちゃいます♪

    
嵐が丘』(あらしがおか、原題:Wuthering Heights)は、
     エミリー・ブロンテの唯一の長編小説。

      1847
年にエリス・ベルの筆名で発表。



   __風吹きすさぶ荒野で
     あたしたち、転げ回っちゃ草のなかに倒れこんだものね
     あんたの気性はあたしの嫉妬心と同様、
     激しくて貪欲すぎたわ
     なんであたしから去って行けたの?
     あんたをあたしのものにしなきゃいけなかったあのとき
     あんたを憎んでたし、愛してもいたのよ
     夜毎の悪夢があたしに告げる、
     あたしは戦いに負けようとしていたのだって
     あたしの嵐が丘、嵐が丘を後に残して

     ヒースクリフ、あたしよ、キャシーよ
     帰ってきたわ、とっても寒い、あなたの窓からなかに入れてよ

     ああ、暗くなってく、寂しくなってく
     あんたとは別の世界で
     すごく恋しいけど、あんたなしで落ちていく運命なのね
     あたしは帰っていくわよ、ねえ、残酷なヒースクリフ
     あたしの唯一の夢、ただひとりの支配者

     長いこと夜を彷徨ってきたわ
     あたしは彼のもとへ帰っていく、運命を正すために
     帰っていくのよ、あたしの家、嵐が丘、嵐が丘へ

     (コーラス)

     ああ、ちょうだい、あんたの魂を掴みとっていかせて
     ああ、あたしにちょうだい、あんたの魂を掴んでいきたいの
     あんた知ってるでしょう、それがあたし、キャシーなのよ

     (コーラス)

     ヒースクリフ、あたしよ、キャシーよ
     帰ってきたわ、とっても寒いの・・・・
   ____________________________________

   ※キャシーは死んでしまっていて、本人はわかってないの。。ね
    悲しい愛の歌です。

   ※『ANGRA』の映像はライブだったりで、音やヴォーカルの調子が良くないので
    『Final Fantasy』の映像のものでお聞きくださいませ!
    (結構映像のストーリーと曲が言い感じに仕上がってます)

  
http://www.youtube.com/watch?v=nap290RjJ7Q&mode=related&search=

           __________Jazz Mama__________
   
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
<<< PREV  → HOME ←   NEXT >>>